FX トレンド方向にだけエントリーする。

大衆側に属さないスーパーFXトレーダーは、トレンドが発生するまえに、トレンド方向に通貨ペアのポジションを仕込むという特徴があります。これに当てはまる方は、トレンドが発生してからアクションを起こそうかなと思っているFXトレーダーの裏をかく習慣がみつきますし、FXトレードにおける損失の回数が減ります。

大衆側に属する普通のFXトレーダーは、トレンドが発生したと確信してから、FXトレンド方向にだけエントリーをするというアクションを起こします。これに当てはまる方は、レンジ相場で逆張りをしようと決しているFXトレーダーの裏をかく習慣が身につきますし、FXトレードにおける利益確定の回数も増加します。今回は、FX トレンド方向にだけエントリーする。について触れていきます。

 FX トレンド方向にだけエントリーする。について。

FXトレンド方向にだけエントリーするを成功させるには、トレンドが発生する前にトレンドが作られるのか?を見極める力や、小さなトレンド発生した直後に小さなトレンドが大きなトレンドに化けるのか?どうか?を見極める力や、中規模トレンドが発生した直後に中規模トレンドが大規模トレンドに化けるかどうか?を見極める力や、大規模トレンドが発生した直後に大規模トレンド継続となるか?大規模トレンドが終焉となるのかを見極める力が必要になります。

1.FXトレンドが発生する前にトレンドが作られるのか?を見極める力

FXトレンドが発生する前にトレンドが作られるか?どうかを見極めるには、ドル円が円安に動く要素があれば、ドル円ロングを仕込む、ドル円が円安に動く要素があれば、ドル円ショートを仕込むだけです。このシンプルなことをしない人は、ドル円トレードで損失回避を恐れすぎて、ドル円相場でFXトレンドが発生するまでは、ドル円相場を様子見しようというスタイルです

2.小さなトレンド発生した直後に小さなトレンドが大きなトレンドに化けるのか?どうか?

小さなトレンドが大きなトレンドに化けるかどうか?を見極めるには、ドル円相場を大きく動かす要因があるのに、ドル円相場に小さなトレンドしか発生していないという状態がつくられているという状況に気づくこと。このシンプルなことができない人は、小さなFXトレンド方向にだけエントリーすることができず、利益を簡単に生み出すチャンスを逃し続けています。

3.中規模トレンドが発生した直後に中規模トレンドが大規模トレンドに化けるかどうか?を見極める力

中規模トレンドが発生後、中規模トレンドが大規模トレンドに化けるどうか?を極めるには、ドル円相場でとてつもない大きなトレンドが発生する要素があるのに、ドル円相場で中規模トレンドしか発生していないという状態が作られていると現実に気づくこと。このシンプルなことに気づけない人は、中規模FXトレンド方向にだけエントリーすることができず、利益を簡単に生み出すチャンスを逃し続けます。

4.大規模トレンドが発生した直後に大規模トレンド継続となるか?大規模トレンドが終焉となるのかを見極める力

大規模トレンドが発生したかどうか?を見極めるには、FXトレンド方向にドル円が1円以上動いたかどうかという状態が作られている状況にきづくこと。このシンプルなことができない人は、大規模方向にだけエントリーすることができず、10pipsを獲得するチャンスを逃すことになります。

大規模トレンドが発生した直後に大規模トレンド継続となるの判断基準は、大規模トレンド発生してドル円が高値高止まりしているかどうか?や、大規模トレンド発生してドル円が売られすぎ水準で止まっているかどうか?の二つとなっています。ちなみに、ドル円高値高止まりしたところが天井であることはなく、ドル円が高値どまりしたら、大きなドル円上昇トレンド方向にだけドル円が10pipsほど動きますし、ドル円売られすぎで下値停止中であるところが大底ではなく、ドル円が下値停止中となったら、大きなドル円下降トレンド方向にだけ、ドル円が10pipsほど動きます。

FXトレンド方向にだけエントリーする〔レンジ相場で逆張り癖〕

レンジ相場で逆張り癖がついていると、不確定な未来を受け止めることが嫌すぎるからFXトレンド方向にだけエントリーすることだけは避けようという思うようになります。これにあてはまる人は、トレンドに乗る順張りトレードを一切することなく、中規模トレンドの終焉を見つけて逆張りトレードをしかけるようになるし、トレンドに乗る順張りをすることなく、大規模トレンド相場の収益を見つけて逆張りトレードをしかけるようになります。

レンジ相場で逆張り癖がつく問題は、大きなトレンドの値幅を見誤ったときに逆張りトレードをしたときに大きな損失をだしてしまうことと、中規模トレンドの値幅を見誤ったときに逆張りトレードをしたときに大きな損失をだしてしまうことの二つがあります。これら二つの体験をすると、FX逆張りトレードは危険であり、FXトレンド方向にだけエントリーすることは安全であるという認識がうまれます。

FXトレンド方向にだけエントリーする〔円高リスク・円安リスク〕

2021年はコロナの円高リスクが存在しているときに、FXドル円円安トレンド方向に、ドル円ポジションを保有すると、円安トレンドが急に終わるんじゃないという不安にかられ、ドル円買いポジションをロスカットしてしまいます。この一連の流れからわかることは、人は大損するかもしれないという不安になると、ドル円のポジションを長期保有できなくなります。

2015年のアベノミクスの円安誘導があるときに、FXドル円・円高トレンド方向にドル円ポジションを保有すると、円高トレンドが急に終わるんじゃないかという不安にかられ、ドル円売りのポジションをロスカットしてしまいます。この一連の流れからわかることは、人は自分がおそれることがおきるんじゃないか?と思うと、ドル円のポジションを長期保有できなくなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする